最新情報をお知らせします

デジタル庁が定める「デジタルの日」に賛同し、10/9~11開催Dignity2.0国際カンファレンスにてデジタル哲学、デジタルマインドで拓くITの先を行く未来ビジョンを提案

JeiGridは、デジタル庁が掲げるビジョン「誰一人取り残さない、人に優しいデジタル化」に賛同し、同庁が開催する「デジタルの日」当日の10月10日と11日に開催される、Dignity2.0国際カンファレンス(10月9.10.11日開催)にて、デジタル哲学、デジタルマインドで拓くITの先を行く未来ビジョンを提案いたします。

■デジタルの日とは
デジタルについて、定期的に「振り返り」「体験」「見直し」をするための機会として、今年初めて創設されました。
日本の「誰一人取り残さない、人に優しいデジタル社会」を実現するため、政府と民間が共同で、日本社会全体でデジタルに触れ、デジタルを感じる、国民全員のための祝祭を目指します。

Webサイト https://digital-days.digital.go.jp/

■10月9.10.11日「Dignity2.0国際カンファレンス」開催
Dignity2.0国際カンファレンスは、次代のキーワードを「Dignity-尊厳-」とし、新しい文明の大転換を起こしていく舞台の提供と、誰もが平等に学び、誰の尊厳も踏みにじらない新しい学問としての「世界基軸教育」を提唱していきます。

2021年度メインテーマは
「シン(心)時代への挑戦/THE BiG SHiFT」

DX・メタバースのその先へ。
デジタル哲学、デジタルマインドで拓くITの先を行く未来ビジョンを提案します。インターネット上の仮想空間であるメタバースと共に心の尊厳領域であるDignity空間である、モルティングバースを開発する研究メンバーを募集します。

Webサイト https://www.dignity2.org/2021/

デジタルリーダーシップ教育訓練プログラム5期開催
現代のIT社会、AI社会において、誰もがデジタルスキル、プログラミング的思考を身に付けることが必要な時代になっていますが、日本社会は「IT後進国」と言われ、先進国の中でも遅れをとっているのが実情です。その遅れを打開するために、以下に記載するIT研修と、次世代のリーダーを輩出すべく、リーダーシップ研修のプログラムを2020年より提供しています。IT研修では、「誰も落ちこぼれないIT研修」を目標に実施しています。

デジタルリーダーシップ研修では、教育に「デジタル認識」「デジタル哲学」「デジタルマインド」を取り入れることにより社会、日本、世界、更には宇宙規模までを視野に置き、物事を広く・深く観る観点を育てていくことを可能にしました。

デジタルリーダーシップ研修5期
開催期間:2021年10月12日~12月21日

詳細はこちら

PAGE TOP