無料体験セッション

時代のトップに踊り出す!AI時代の最先端IT教育!

25年間の研究から導かれたITと心のプログラミング技術で、新しい生き方を獲得してみませんか?



こんなお悩みありませんか?




JeiGridが提案する教育プログラムとは?


プログラミングを習得して、仕事で使っていくには
人間関係の構築が必要になります

イメージや、アイデアを周囲に伝え形にしていく事で
初めて成果物になるのです。

そこで必要になってくるのが、
PU感覚・デジタル認識を使う事です。

お客様の声


PU感覚、デジタルマインドを明確にセット
IT教育に明確に心が入る。すご過ぎる世界に出会いました。PU感覚が明確になり、
プログラミング言語とイメージ言語が繋がってイメージできることで、無駄な考えを
切るのが早くなったし、何もかモヤモヤや自分の気持ちや感情にハマった時にも
出るのが早くなりました。
PCに対する苦手を意識も克服でき、自分自身を全力投入するチャレンジが増え最高でした。

student_sumiyoshi

ITだけでなく、世界の産業にとって本当に必要な人材を育成できる研修
今まで、ぼんやりとしか分からなかったPCやプログラミングの事が理解できた上、東洋と西洋の認識の違いや意識の作動原理と宇宙の作動原理がイコールである事が、自分と繋がり、客観的に考える事を意識できるようになりました。

心も技術も大きく変化できる研修
パソコンすら触ったことがなかったけど、少しずつタイピングやプログラミングができるようになっていけて楽しかった。途中つまづいた時もあったけど、nTechを習得している方のフォローはすごく心強かった。他の研修ではこんなフォローはできないと思った。
変化したことは、弱みを見せる事ができるようになった。コミュニケーション能力も高まる研修だと思う。

92.6%の人が、受けてよかったと実感!

プログラムを通して身についた能力

  • プログラミングスキル
  • コミュニケーションスキル
  • 心のアルゴリズム
  • 人生の設計の仕方
  • ゲーム感覚で生きる力

無料セッションについて


弊社のスタッフが、PU感覚、デジタル認識を体験できるセッションをご用意しています。実際に学ぶ内容を参加者とスタッフでセッションを楽しみながら、日常の人間関係の悩み相談、将来の不安
問題解決を通して疑似体験できる内容になっています。プログラミング教育だけでなくPU感覚、デジタル認識を重視している理由もご確認いただけます。

弊社のスタッフが、PU感覚、デジタル認識を体験できるセッションをご用意しています。実際に学ぶ内容を参加者とスタッフでセッションを楽しみながら、日常の人間関係の悩み相談、将来の不安
問題解決を通して疑似体験できる内容になっています。プログラミング教育だけでなくPU感覚、デジタル認識を重視している理由もご確認いただけます。

ステップ1 課題の整理
ヒアリングを通して、なぜプログラミングをやりたいのか、不安に思っている事、悩みなど確認します。

ステップ1 課題の整理
ヒアリングを通して、なぜプログラミングをやりたいのか、不安に思っている事、悩みなど確認します。

ステップ2 自己分析
人生で求めていること、問題の背景を見ていく事で、自分についての理解を深め、問題の根本原因について知ります。

ステップ2 自己分析
人生で求めていること、問題の背景を見ていく事で、自分についての理解を深め、問題の根本原因について知ります。

ステップ3 解決手法の説明
人類共通の癖、脳の癖、プログラミングとは何かを知ります。

ステップ3 解決手法の説明
人類共通の癖、脳の癖、プログラミングとは何かを知ります。

ステップ4 問題解決の提案
プログラミングと自分が繋がるものだと知り、PU感覚デジタル認識で課題を解決できる事を知る。

ステップ4 問題解決の提案
プログラミングと自分が繋がるものだと知り、PU感覚デジタル認識で課題を解決できる事を知る。

セッションを体験された方の声


40代女性 主婦
プログラミングが身近に感じる事ができた。自分でもできると思えた。

20代男性 会社員
自分の課題が明確になり、プログラミングを通してさらに改善していける可能性を感じる事ができた。

30代女性 OL
PU感覚が何なのかわからなかったけど、お話を聞く中で自分も身に着けたいと感じた。

まずはお気軽に、無料セッションをご体験ください!

無料体験セッション申し込みページ
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください
  • お名前(ふりがな)
  • 年齢
  • 性別
  • 住所(都道府県)
  • 体験希望日(第1候補日)
  • 体験希望日(第2希望日)
  • 備考欄

プライバシーポリシー

      
PAGE TOP